propecia_プロペシア

【女性化乳房】プロペシアの飲んでたら胸(おっぱい)が出てきた話

プロペシアを飲んだらおっぱいが出てきたと言う話を聞いたことがありませんか?

実は、かなり多くの人が経験しており、悩んでいる人も多いとか((((;゚Д゚))))

なぜ、プロペシア服用者のおっぱいが膨らんできてしまうのでしょうか?また、そのような場合はどう対処すれば良いのか紹介します。

プロペシアの副作用?女性化乳房とはおっぱいができること

女性化乳房という聞きなれない言葉があります。男性に対し使われる言葉で、文字通り乳房が女性化してしまうこと、つまりおっぱいが膨らんできてしまうことを言います。

はじめに、女性化乳房という言葉がよく聞かれるようになったのは豆乳ブームの時でした。

豆乳に含まれるイソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンとよく似ているため、体が間違えて反応をしてしまい、おっぱいが膨らんできてしまうのです。

当然個人差があるので、乳房が女性化しやすい人は、豆乳を飲む量を減らしましょうと注意喚起が行われ、今ではよく知られる事例となりました。

しかし、最近プロペシアを服用している男性からこんな声が届くようになったのです。

  • 夏、Tシャツ一枚だと乳首が目立つ
  • 胸に重みを感じる気がする、胸が圧迫される感じ
  • 服と擦れると痛い

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?

なぜプロペシアでおっぱいが?いくつかの理由が考えられる

プロペシア服用者の中にはおっぱいが膨らんできて困っている人がいます。

服を着れば目立たないと言う人もいますが、温泉やプールなど気になる場面もありますよね。なぜ、このような症状が出るのか調べてみました。

プロペシアは日本発売10年で詳しく分かっていない

プロペシアは日本で販売されるようになって10年ほどの新しい薬です。そのため、様々な事例に対し、研究途中と言うこともできます。

命に関わるような危険性は少ないことと、薄毛治療に対する効果は販売前の研究によって認められていますが、それ以外についてはまだ分かっていないことも多いのです。

プロペシアと女性化乳房に関しては、まだ原因が正確には判明していません。しかし、以下のような理由が考えられています。

肝臓が弱まり女性ホルモンが代謝できない

男性だからといって、男性ホルモンしか分泌されないわけではなく、女性ホルモンも分泌されています。しかし、大抵は肝臓で代謝されるので問題になることはありません。

プロペシアなどの薬を服用すると、肝臓に負担をかけることになります。

結果的に肝臓の働きが弱まり、女性ホルモンをしっかり代謝することができないので、女性ホルモンが作用してしまい女性化乳房となってしまうと考えられます。

プロペシアは男性ホルモンに働きかける薬

プロペシアは男性ホルモンが原因の薄毛、AGAに効果がある薬です。脱毛の原因になる男性ホルモンに働きかけ、作用しないようにします。

その上、肝臓が弱まり体内の女性ホルモン量も増えているので、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、女性化乳房へ繋がりやすくなります。

プロペシア服用者の体験談!女性化乳房になるまで

実際にプロペシアを利用している人が女性化乳房となってしまうまでの体験談を集めてみました。どのような経緯を経ているのでしょうか?

ポッチャリ目のAさんが「明らかにおっぱい」

Aさんは35歳の時にフィンペシア(プロペシアのジェネリック)を服用し始めました。服用していくうちに、薄毛の改善が見られましたが、3年ほど経ったころ異変を感じました。

Aさんは、もともとポッチャリ体系で、Tシャツ一枚だとお腹が出ているのが目立ってしまうような状態でした。

しかし、ある日鏡を見ると、胸も出ている、乳首の突起も目立っている状態で「何かおかしい」と思ったのです。

インターネットで調べてみる、とAGA治療に使われるフィナステリド(プロペシアの有効成分)によって、おっぱいが出てくるという記事が目につきました。

そして、服用していた薬の説明書を見ると副作用の欄に「女性化乳房」と言う文字を発見。

1日1錠服用していたものを3日に1錠に変更して8ヶ月、なんとか胸の膨らみは落ち着いてきましたが、まだ完全に戻ったとは言い切れません。

もう少し減らすべきなのかと検討をしています。

Bさんは「薄毛の悩みは減った!でも新しい悩みが」

Bさんは30代から薄毛が気になり、インド製のプロペシアのジェネリックの服用を始めました。

服用前は頭頂部の頭皮が見えてしまっていたのに、飲み続けているうちに産毛が生え、1年後には丈夫な毛根や立ち上がる髪が見られるようになり、明らかな効果を感じていました。

しかし、服用開始から2年、女性のように胸が膨らみ始めたのです。

確かに薄毛の悩みは減ったが、新しい悩みができてしまい、このままではいけないと服用頻度を下げて使用しています。

他にも2ちゃんねるに多くの声が

多くの人が女性化乳房を実感

服用開始から1年、おっぱいが出てきた

左のおっぱいだけ女性化。これはこれで問題だ

Aカップはある

前向きに捉える人も

おっぱいが張っているということは、薬が効いているということ、と信じている

ものすごく嫌な人も多い

副作用でおっぱいが膨らむのをどうにかしたいと思って調べたけれど、髪を諦めて薬を完全にやめるか、外科手術しかないようだ

薬をやめれば、当然男性ホルモンが働き始めるのだから、脱毛がまた進み始めてしまうと思うと、プロペシアをやめられない。でも、このおっぱい本当に嫌だ

女性化乳房になった人の特徴は?プロペシア服用期間と個人輸入

プロペシアを服用して女性化乳房を感じている人にはいくつかの特徴がありました。まとめてみたので、服用する際は気をつけてみてください。

服用期間は2年以上

プロペシアの副作用には、肝機能障害や性機能障害などがあり、比較的早くに副作用が現れる例が多いようです。

しかし、女性化乳房という副作用においては服用期間が2年以上と、比較的長期間に渡って服用している人が多いのが特徴です。

これは、男性ホルモンが徐々に減り、女性ホルモンの量が増え、体内のホルモンバランスが乱れていく時、女性ホルモンの方が優位になるのに、これくらいの期間が必要だということだと考えられています。

多くの服用者は今まで副作用が出ておらず「自分はプロペシアを飲んでも、全く問題がなさそうだ」と安心しているので、女性化乳房となってもプロペシアが原因だと気づきにくいようです。

海外ジェネリックの個人輸入利用者が多い

ジェネリックとは、特許が切れた医薬品を、成分はそのままに他の製薬会社が作る薬で、後発品と呼ばれることもあります。

開発費などがかかっていないので、先発品よりも安いのがメリットです。

プロペシアにもジェネリックがあります。国内の製薬会社が作ったジェネリックもありますが、女性化乳房において問題になるのが、海外製のジェネリックです。

プロペシアは医薬品なので、医師に処方してもらわなければ服用できず、ジェネリックでも同様です。しかし、個人輸入をすれば診察代は不要になります。

そのため多くの人が海外ジェネリックを個人輸入して服用しているのですが、ここには大きな問題があります。

医薬品の個人輸入はなぜ危険?

製薬会社4社が共同で研究したところ、個人輸入した医薬品の4割が偽物だったと言うのです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

また薬の量も問題になります。プロペシアでは1日1mgが摂取目安量となります。

もちろん海外ジェネリックのものも1mgと記載されているのですが、それ以上の場合も、それ以下の場合も考えられるのです。

もし、目安以上の量が含まれていた場合、より高い効果が出ることはほとんどなく、副作用の危険が高まってしまいます。

プロペシアを服用しておっぱいが目立ち始めたら?対処法は

長期間に渡りプロペシアを服用することで、女性化乳房が見られたらどうしたら良いのでしょうか?

服用量を減らす

まずは原因を断ち切ることが大切です。しかし、多くの人がこの時点でプロペシアにより薄毛が改善していると言う効果を感じていることでしょう。

きっぱり止めるとせっかく改善した薄毛が進行してしまう可能性があるので、薬の量を減らすことを考えます。

1日1錠飲んでいるのであれば2日に1錠に変更するなど、飲む間隔を開けることで薬の量を減らせます。

また、錠剤を清潔な包丁などで半分に割って、一回の量を減らすこともできます。

薄毛を改善させる効果と副作用のバランスが取れる、自分に合った量を見つけるようにしましょう。

専門医に相談

自分の手に負えないと思うのであれば、プロペシアを処方してくれた専門医に相談してみるのが確実です。

専門医は経験豊富なので、どうしたら良いのか、選択肢をいくつか提示してくれたり、使用者にとっての最善の方法を教えてくれることでしょう。

プロペシアの副作用で女性化乳房に!長期服用や個人輸入には注意!

プロペシアによる女性化乳房の副作用は服用期間が2年以上の、長く使っている人に見られる副作用です。

今まで他の副作用がなかったから、と安心せず自分の状態をきちんと観察するようにします。

もし、おっぱいに違和感を感じるなど、女性化乳房の兆候を感じたら、プロペシアを処方してくれた専門医にすぐに相談しましょう。

もし、個人輸入の医薬品を利用しているのであればニセモノの可能性もあるので、安全のために、ただちに服用を中止することを考えましょう。