iqos_イクオス

【結論はイクオス】イクオスとプランテルを比較!わかった事を暴露

「M字ハゲを直したい…」

「M字ハゲにはプランテルが効くらしいが、イクオスとくらべるとどうなのだろう?」

薄毛にも様々な種類がありますが、M字ハゲは特殊なものです。

頭頂部に毛が残っているからこそ余計に後退した額だけが目立ち、独特の悲壮感が漂うのがM字ハゲなのです・・・( ・´Θ・`)

そんなM字ハゲに対して高い効果が期待できる育毛剤にプランテルがあります。

しかしM字ハゲといえども薄毛の一種に変わりはないので、薄毛全般に高い効果が期待できるイクオスはどうなのでしょうか。

M字ハゲの原因を解説し、そのうえでイクオスとプランテルの比較を行います。

↓↓↓先に言っちゃうとコッチが推し↓↓↓

オススメの公式販売サイトへ ⇒

M字ハゲは男性型脱毛症の一種なので、どちらの育毛剤が効果的かしっかりと知っておきましょう。

M字ハゲは男性ホルモンが原因の男性型脱毛症

M字ハゲとは生え際がM字に後退していく薄毛の通称です。

多少の進行であれば額が広くなるだけで露骨に禿げた印象とはならないのですが、生え際の後退が進むと、頭頂部に髪の毛が残っていることから悲惨な印象となります。

このM字ハゲはAGA(男性型脱毛症)の一種です。

AGAとはDHTなどの男性ホルモンが引き金となって、髪の毛のサイクルが乱れて薄毛が進行するものです。

髪の毛は1日に100本程度抜け落ちるのが自然ですが、AGAでは成長しきる前に髪の毛が抜けていくため、新しく生える本数を抜け落ちる本数が上回り、その結果どんどん薄毛が進行していきます。

この男性ホルモンによる影響が生え際から進行していくのがM字ハゲなのです。

つまりM字ハゲを改善するためには、新しい髪の毛が生えやすい頭皮環境を構築するのみでは足らず、男性ホルモンの働きを抑制する必要があるのです。

また男性ホルモンの働きの影響が大きいとはいえ、薄毛自体は様々な原因により進行していきます。

そのため育毛剤を選ぶ際は男性ホルモンの働きを抑制する効果も持ちつつも、他の薄毛の原因にもアプローチできるものが望ましいのです。

数ではイクオスの圧勝!イクオスとプランテルの比較

プランテルは「M字と闘う!」をキャッチコピーとしており、M字ハゲ対策の効果を前面に打ち出している育毛剤です。

それに対してイクオスは薄毛の種類こそ指定していませんが、今や圧倒的に高い評価がなされている育毛剤です。両者の成分にはどのような違いがあるのでしょうか。

以下の表にプランテルとイクオスの成分をまとめました。

プランテル イクオス
成分の数 14種類 70種類
脱毛抑制成分 ヒオウギエキス
ボタンエキス
ビワ葉エキス
シナノキエキス
ヒキオコシエキス
プロビタミンB5
オウゴンエキス
ダイズエキス
ビワ葉エキス
クララエキス
ヒオウギ抽出液
クワエキス
シャクヤクエキス
セイヨウキズタエキス
ゴボウエキス
ローマカミツレエキス
シナノキエキス
ヒキオコシエキス
ボタンエキス
浸透力 公式サイトに該当する記載なし 低分子ナノ水による高い浸透力
無添加
※公式サイト記載分
無香料
パラベンなし
鉱物油なし
合成着色料なし
無香料
パラベンなし
鉱物油なし
石油系界面活性剤なし
タール系色素なし
紫外線吸収剤なし
シリコンなし
合成ポリマーなし
酸化防止剤なし
ラノリンなし

プランテルには確かに男性ホルモンの働きを抑制する成分が含まれているのですが、そのうちの5つの成分はイクオスにも含まれているのです。

そして、男性ホルモンなどの脱毛因子を抑制する成分数自体はイクオスの方が多く含まれています。

またイクオスは浸透力にも工夫を凝らしており、含まれている全成分の数も70種類とプランテルを圧倒しています。

さらに頭皮に悪影響を及ぼす添加物についてもイクオスの方が徹底して除去されています。

このように成分についてはプランテルよりもイクオスの方が圧倒的に優れているのです。

M字ハゲの主要な原因はAGAですが、イクオスはM字ハゲ専用をうたうプランテルよりも高い効果が期待できる内容となっています。

イクオスサプリEXが圧倒的!サプリメントの比較

プランテルもイクオスも共に育毛剤のみならずサプリメントも作っています。

どちらも育毛剤と併用することで高い効果が期待できるものです。

以下ではプランテルサプリとイクオスサプリEXについて、公式サイトで含有量が明示されている成分を比較してみましょう。

プランテルサプリ イクオスサプリEX
成分の数 14種類 46種類
ノコギリヤシ 300mg 300mg
亜鉛 7.5mg 12mg
発酵黒生姜 60mg
ダイズイソフラボン 30mg 100mg(他の大豆抽出物含む)
ミレットエキス 150mg 150mg
ガニアシ 30mg
ケラチン 30mg
イチョウ葉エキス 10mg
フィッシュコラーゲンペプチド 100mg
ヒハツエキス 5mg

このように二つのサプリには含まれている成分に違いがあります。しかし育毛効果が期待できるノコギリヤシや亜鉛についてはどちらもしっかりと含まれています。

とはいいましても、含まれている成分の数がイクオスの圧勝なので、サプリとしてはイクオスサプリEXが優れているといえるでしょう。

育毛剤だけはプランテルが安い!サプリとセットはイクオス

育毛剤を使う上で重要なのがランニングコストの安さです。育毛剤はどんなものであっても一定の期間使い続けることで大きな効果が期待できます。

そのため、ランニングコストが低い方が使い続けやすい点で優れているのです。

以下ではプランテルとイクオスのランニングコストについて比較します。

どちらも使い続ける前提なので、単品購入ではなく定期コースで比較をします。ちなみに、単品購入よりは定期コースの方が育毛剤1本あたりの価格は安くなっています。

商品名 価格 1日あたり価格
イクオス(120ml/30日分) 6,485円 216.1666…円
プランテル(150ml/50日分) 6,980円 136.6円

このように1日あたりのコストで考えると、プランテルの方がイクオスよりも安くなっています。

前述したとおりイクオスの方がプランテルよりも配合成分が多いため当然ともいえますが、ランニングコストについてはプランテルの方が優れています。

次にプランテルサプリとイクオスサプリEXのランニングコストを比較してみましょう。

商品名 価格 1日あたり価格
イクオスサプリEX(30日分) 4,380円 146円
プランテルサプリ(30日分) 6,700円 223.333…円

このようにサプリについてはイクオスサプリEXの方が成分数も多く、それでいて安いことがわかります。

プランテルサプリはお世辞にもコストパフォーマンスが良いとはいえません。

最後に育毛剤とサプリのセットについてランニングコストの比較を比較します。

商品名 価格 1日あたり価格
イクオス(120ml/30日分)+イクオスサプリEX(30日分) 6,980円 232.666…円
プランテル(150ml/50日分)+プランテルサプリ(60日分) 16,800円 280円
※60日分として計算

プランテルについては定期コースが育毛剤プランテル50日分とプランテルサプリ60日分のセットですが、仮にこれを育毛剤も60日分として計算しても、イクオスの方がランニングコストは低くなります。

プランテルは育毛剤単品で購入する際のみランニングコストの面でイクオスより優れているだけとなっています。

まとめ

今回はM字ハゲ専用の育毛剤であるプランテルとイクオスを比較しました。

結果としては、育毛剤単体のランニングコストのみプランテルに軍配が上がりましたが、その他の面ではイクオスの圧勝といったところでしょう。

M字ハゲは男性ホルモンの働きに由来する薄毛ですが、それ以外の要因も密接に関係している場合があります。

そのためプランテルとイクオスのどちらがM字ハゲに効くかは人それぞれです。

しかしながら、イクオスは配合されている成分の数も多いため、それだけ幅広い原因にアプローチしていくことができます。

また育毛については体の内側からも働きかけるという意味でサプリも重要となります。

イクオスサプリEXはプランテルサプリよりも成分の配合数が多く、育毛剤とセットで購入するとランニングコストも良くなります。

これらのことからM字ハゲであってもイクオス使うのがお勧めなのです。

↓↓↓効果がなければ全額返金保証の詳細も載ってるよ↓↓↓

イクオスの公式販売サイトへ ⇒