iqos_イクオス

イクオスは天然成分の育毛剤?エタノール(アルコール)が入ってるやん!

育毛剤イクオスの売りのひとつは、天然成分配合で副作用の心配がほとんどない、ということだと思います。

しかし、配合成分を見るとエタノール(アルコール)が配合されています。

エタノールを頭皮に塗ると副作用が出る人がいる、ということを知っている人もいると思います。

なのに、多くの育毛剤にエタノールは配合されてるやん!

なんで?

エタノールをイクオスに配合している理由や、エタノールを頭皮に塗った時に起こりうる副作用について説明していきたいと思います。

エタノールをイクオスに配合している理由は?

イクオスにエタノールを配合しているのは、もちろん理由があるからです。

エタノールは殺菌、有機溶媒をはじめ様々な用途があります。イクオスにはエタノールのどのような作用が必要なために、配合されているのでしょうか。

エタノールには殺菌作用がある!

エタノールには殺菌作用があります。ほとんどの人は、注射する前に皮膚をアルコールで拭かれた経験があると思います。

あれは注射した時に、細菌が皮下組織に侵入しないように消毒しているのです。

注射の前に消毒することは、現在ではあまり意味が無いと考えられ始めていますが、頭皮の常在細菌を消毒することは意味があります。

細菌が増えると炎症を起こしやすくなり抜け毛の原因になります。

エタノールで消毒して細菌数を減らし、薄毛の原因を解消しているのです。

エタノールはよい有機溶媒である!

イクオスにはアミノ酸をはじめ多くの有機物が配合されています。しかし、有機物は水などの無機物に溶けにくいという性質があります。

そこでエタノールが溶媒として使用されています。

エタノールは有機物ですが、毒性も低く水によく溶けるという性質も持っているので、多くの育毛剤や化粧品で使用されています。

エタノールには防腐作用もある

イクオスの品質を長期間保つには、防腐剤を配合しなければいけません。エタノールには防腐作用もあります。

パラベンは化粧品や食品に防腐剤としてよく添加されていますが、最近では環境ホルモンや発がん性などが疑われています。

あくまでも疑いという段階で、はっきりとわかっているわけではありません。

しかし、一回イメージがついてしまうと、避けた方がよいと思う人が多いのも事実です。

そこで、パラベンの代わりの防腐剤として、イクオスにも配合されているフェノキシエタノールやエタノールが、よく使われるようになってきました。

エタノールには皮脂を溶かす効果がある

どんなに優れている育毛剤でも、毛母細胞まで育毛剤がとどかないと、育毛効果は期待できません。

頭皮の毛穴に皮脂が詰まってしまうと、浸透力が弱まり育毛剤が毛母細胞まで届かなくなります。

エタノールには油を溶かす作用があるので、皮脂を溶かして育毛剤が毛母細胞までとどきやすくなります。

そのためイクオスには、無水エタノールやエタノールなど成分が配合されてるのでしょう。

エタノール(アルコール)の副作用は?

エタノールは一般的には安全性の高い成分ですが、絶対副作用が出ないということではありません。

アルコールによる副作用は、アルコール中毒を思い浮かべる人が多いと思いますが、イクオスにはアルコール中毒になるような量のエタノールは配合されていません。

イクオスに配合されているエタノールの量で考えられる副作用は主に、皮膚への刺激による炎症とアレルギーです。

エタノールで頭皮が炎症する?

エタノールは皮膚刺激性がほとんどない成分ですが、皮膚が弱い人や頭皮に傷がある人などは、エタノールのわずかな刺激でも炎症を起こしてしまうことがあります。

また、エタノールは揮発性物質です。揮発性物質とは、気化しやすい性質がある物質ということです。

その時に、周りの水分も一緒に気化してしまうので、頭皮が乾燥してしまいます。

頭皮が乾燥すると、フケやかゆみの原因となり、掻いてしまうと炎症を引き起こします。

アレルギーを起こすことがある?

エタノールのアレルギー性は低いですが、エタノールにアレルギーを持っているひとがいます。

そのような人がイクオスを使用すると、蕁麻疹や紅斑が生じるかもしれません。その場合はイクオスの使用をやめるしかないでしょう。

目に入ったら角膜が損傷する?

育毛剤を少し多めにふりかけてしまって、液垂れを経験したことがある人は多いでしょう。

額や頬に垂れるぶんには気にする必要はないと思いますが、目に入ってしまった場合は違います。

エタノールが配合されている育毛剤が目に入ると、ほとんどは少し沁みる程度ですが、中には視力が低下や角膜が損傷してしまうことがあります。

沁みるからといって目などをこすったりせずに、水で洗い流すか濡れたタオルで軽く拭き取りましょう。

痛みが引かなかったり、腫れてきてしまったりした場合は、眼科医に診てもらうことをおすすめします。

エタノールが配合されていない育毛剤ってあるの?

多くの育毛剤にはアルコールが配合されています。しかし、ブブカやM-1育毛ミストのように、アルコールが配合されていない育毛剤もあります。

ブブカの価格が高い!

ブブカは、リニューアルして配合成分数は104種類となり、育毛剤として評判は良くなりました。

しかし、イクオスに比べると価格がかなり高い!

初回購入は5,980円と安く購入できますが、2回目以降はサプリとのセットで11,664円もします。

育毛剤は長期間使用するもの。1本の価格はそれほど差が無いとしても、1年間購入するとなるとかなり差が出ます。

イクオスとブブカは最安値で購入しても、1本で4,500円ほどブブカの方が高いです。1年だと50,000円以上のブブカの方が高くなってしまいます。

M-1育毛ミストは配合成分数が少なすぎる!

M-1育毛ミストの売りのひとつは、頭皮ダメージ0を実現!というものがあります。

頭皮ダメージ0のために、アルコール、添加物、防腐剤などが配合されていません。これは素晴らしいことだと思います。

しかし、配合成分数が6種類と少なすぎるのです。

配合成分数が多いことは、必ずしも良い育毛剤というわけではないとわかっていますが、薄毛の様々な原因に対応するには、配合成分数が少なすぎると思います。

しかも、価格もイクオスよりも2,000円以上高いので、M-1育毛ミストをおすすめすることは難しいです。

ブブカの価格はM-1育毛ミストよりももっと高いですが、まだブブカの方がおすすめできます。

エタノールが配合されていてもイクオスがおすすめ!

エタノールが頭皮に与える影響に不安がある人は、ブブカなどのエタノールが配合されていない育毛剤を使用するのもよいと思いますが、それでも1度イクオスを購入することをおすすめします。

イクオスを定期コースで購入すると、購入後45日以内なら商品代金返金保証制度があります。

イクオスを使用してみて問題があった場合には、この制度を利用して商品代金を返してもらえばよいのです。

定期コースは初回から解約できるので、使用しても問題がないか確かめるために、気軽に購入すればよいと思います。

問題がなかったら継続して使用して、問題があったら返金してもらえばよいだけですから。

↓↓効果なしなら全額返金保証付き↓↓

※楽天やアマゾンは正規品じゃないから注意!
※定期コースを買ってもメールでサクッと解約可能!

ABOUT ME
kamicare
kamicare
1年半前(32歳)の私のハゲ画像をあえてプロフィール写真にしました。効果があった育毛剤はイクオスですが、ここからどのような変化を遂げたか、メインページを見てくださいね。詳しく書いています。